Kitta's Website

ぶらりラーメンレポ

更新日:2015/ 8/23
トップページ > ぶらりラーメンレポ > 千葉市内 > 麺屋 侍

麺屋 侍

店舗外観
  • 043-300-3601
  • 千葉市緑区おゆみ野南2-16-4
  • 11:00~14:30、18:00~21:00
  • 火曜日と、水曜日の昼は定休日

曜日毎に限定のスープが楽しめます。また定期的にイベントを開催。麺は自家製麺、コシがありとても美味しい。

メニュー (スタンダード)

侍らーめん (並・650円)+味玉(100円)

鶏の脂と甘口の醤油が絡み合った口当たりが良いスープ。 二つの甘さが口の中に広がるかのよう。
スープの透明度も高く、このスープもとっても飲みやすい。
今回は味玉もつけてみました。程よく固まりかけた半熟玉子。 味もよく染みついてます。
飾らなくシンプルですが、店主の熱い魂のこもった一杯でした。

メニュー (曜日別)

【月曜日】魚だし強調らーめん (中・750円)

材料を通常の2倍使用したという、魚介系の味を強く押し出したラーメン。
適度に脂の乗ったスープ、そして喉の奥に残る魚粉の香ばしさ。これがたまらない。
またスープの熱がなかなか冷めないのも良いです。
味の濃さもちょうど良く、でもドロドロとまではいかない絶妙な濃厚さ。是非また食べたい一杯です。

【水曜日】鯛“濃厚”淡麗らーめん (中・750円)

魚介の風味が口いっぱいに広がり、喉の奥から美味しさがタップリと感じられる濃厚スープ。
鯛の魚粉が入っておりとっても上品・贅沢な味。
チャーシューも肉厚で柔らか、メンマもタップリ入ってます。
細麺がスープと絡んでほんと美味しい!
最後の一滴まで飲み干し完食。他の曜日も目が離せません。

【水曜日】鯛淡麗らーめん 塩 (中・750円)

喉の奥から広がるこの旨さ、ただただ美味いの一言に尽きます。
程よく塩っ気の利いたスープ、口の中いっぱいに魚の香りが漂います。 聞けば香りを出すために鯛の煮干しを細かく粉々にされているとのこと。 いくつもの工程を手間を惜しまず丁寧に作りあげたスープ。
麺はこの日のために4日間ねかせた自家製熟成麺。麺が歯ごたえがありツルっとした食感。

【木曜日】鶏白湯つけ麺 (中・850円)

個人的にマイブーム中の鶏白湯。鶏の脂の甘さを確かに感じるつけ汁は飲むとまろやかな美味しさが口いっぱいに広がります。
濃厚さは控えめ、だからこそ飲みやすいです。そして、中には刻みチャーシューやメンマなど、具がタップリ。

【木曜日】鶏白湯らーめん (中・750円)

鶏白湯と言えば、やはりらーめんも見過ごせません。まずはもちろんスープから。
しっかり濃厚、かつライト感あるこのスープ、鶏の甘さが強調されてます。アクセントのゴマも風味を増していい感じです。
スープを口に頬張った瞬間、口の中いっぱいに広がるこの旨さ、あぁ、クセになりそう。。
この日も自家製熟成麺、コシがありツルっと頂けます。

【金曜日】鶏豚濃厚らーめん (大・800円)

魚介は一切使用せず、鶏と豚を長い時間丁寧に煮込んで作り上げた、濃厚まろやかなスープ。
豚骨特有の臭みは一切せず、かつ鶏白湯とも違う。そんな一杯。
スープだけを飲むと醤油の甘さが程よく口の中に広がるかのよう。旨さをしっかりと感じます。
麺も美味しい。ツルっとした食感、かつ、もちもちした食感。

【土曜日】超濃厚魚介らーめん (中・750円)

こってりなスープからは魚介の良い香りがたっぷりと漂います。
さらに口当たりもとっても良く、月曜日の魚出汁強調らーめんとはまた異なる魚介ラーメン。
熟成させた麺がモチモチと良い食感を出しており、ついつい替え玉をしてしまうほど。

【日曜日】マイルド魚介スープらーめん (中・750円)

こってりなスープからは魚介の良い香りがたっぷりと漂います。
さらに口当たりもとっても良く、月曜日の魚出汁強調らーめんとはまた異なる魚介ラーメン。
熟成させた麺がモチモチと良い食感を出しており、ついつい替え玉をしてしまうほど。


期間限定メニュー

もつ煮 (限定・250円)

とっても柔らかなもつ。ここまで柔らかいもつ煮は食べたことがありません。
さらにおなじみの具もごろごろとタップリ。七味唐辛子をアクセントにして頂きました。
仕事帰りに食べる際には冷たいビールが必需品。
(2015/4)

豚めし (限定・250円)

おいしく煮付けた豚肉と一緒に炊きあげたご飯。
程よい味付けがまた美味い。
アクセントに万能ねぎ。
(2015/5/15)


ゲリラメニュー(月に1~2回行われるイベント限定メニュー)

海老しおらーめん (中盛・850円)+海老ワンタン (200円)

定期的に開催されるイベント日の特別メニュー。
ラーメンのどんぶりから漂う海老の香りが非常に食欲をそそります。
もちろん、スープからも海老の美味さが口の中いっぱいに広がり、かつ程よい塩加減のスープで箸が進む進む。
トッピングのワンタンも生地はとろける柔らかさで、あんがたくさん詰まっています。
(2015/4/29)

濃厚魚介つけ麺 (春よ恋100%使用の自家製平打ち麺)(850円)

5/31に行われたイベントで使用した特製の自家製麺。
月曜日なので、濃厚魚介つけ麺とはなるものの、限定数食のみイベントで使用した春よ恋100%使用の自家製平打ち麺が食べられるとの事でした。
冷水でよく締められ、弾力のあるもちもちとした麺。そのまま食べてもしっかりと麺から味がしみ出ています。
いつもの魚介スープに入れるとまた美味い!
(2015/6/1)

豚骨醤油らーめん (中盛・750円)

定期的に開催されるイベント日の特別メニュー。
濃厚かつ口当たりなめらかな豚骨醤油スープ。
やや醤油が強く出ていることもあり、豚骨くさくは全く無く、すっきりと飲みやすいスープでした。
麺はこの日だけに用意した自家製麺。太麺である事に加え、小松菜と焼き海苔がある点からも、 もう他の醤油豚骨ラーメンを専門に扱う家系のお店を彷彿させます。
今回は味玉を別途トッピング。
(2015/6/20)

甘辛豚ねぎめし (250円)

豚バラ肉と玉ねぎとをよく煮詰めた具が乗ったこの日だけのサイドメニュー。
主役の豚肉ももちろんですが、タレもまた美味い!
この日だけしか食べられないのが何とも惜しいです。
(2015/6/20)

さんま醤油らーめん (中盛・750円)

さんまの煮干しを大量に入れて丹精込めて作ったスープ。
侍らーめんとはまた異なり、スープを飲んだ後、確かに感じるこのさんま食べた感。これがまた美味い。
たくさんの昆布と鶏ガラでとった出汁のおかげで、醤油のスープは甘め。
刻み玉ねぎは大根おろしの代わり??でもこれがアクセント。
(2015/6/22)

塩らーめん (中盛・750円)

ゲリラメニューではないですが、たまーに塩ラーメンもお作りになるとの事。
鶏の脂でしょうか、口当たりはまろやかで、飲むと甘め、そして透明度の高いスープ。でもしっかりと塩の味もします。
白髪葱と白ゴマがアクセント。
(2015/7/5)

海老しおらーめん (中盛・750円)+海老ワンタン (200円)

スープから海老の香ばしい香りが漂います。
もちろん、スープを飲むと甘口醤油スープとあわさり、もう口の中は海老海老パラダイス。
塩加減もちょうど良い加減。
プラス200円で海老ワンタンをトッピング。
こちらも具に海老を使っているため、具の色もピンク。大変美味しい一杯でした。
(2015/7/18)

鶏しおらーめん (中盛・750円)

まろやかな鶏の旨味が凝縮された塩ラーメン。スープも非常に透明度が高く、かつ昨日の海老塩とはまた違う塩スープ。
柚子が乗っており、また水菜も敷き詰められさっぱり感をタップリと感じる、まさに夏の塩らーめんと言ったところ。
自家製の鶏つくねには鶏軟骨も入りコリッとした食感。
(2015/7/19)

鶏めし (200円)

柔らかな鶏肉とゴボウの炊き込みご飯。
味付けもちょうど良く、杯数制限がなければ是非おかわりしたいほどの美味さ。
(2015/7/19)

侍涼麺 (中盛・750円)

滅多に作らないという冷たいらーめん。
鶏のコラーゲンがタップリ入った滑りのある醤油スープ、大根おろしとオクラ、削り節がミソ。これだけでも十分に夏のラーメンを作っていますが、 さらに豚しゃぶ肉が豪快に乗ります。
麺はこの品のために作った特製の平打ち麺。ツルツル、かつもちもちした食感が楽しめました。
(2015/7/20)

秋刀魚塩らーめん (中・750円)+打ち立て自家製ワンタン (200円)

程よい程度に秋刀魚の香りが漂うスープは塩味。透明度はやや弱いですが、それは大量の煮干しをじっくりと煮だたせているからこそ。
塩加減のバランスも素晴らしく、塩らーめんと言いながら、塩をあまり感じさせないテイスト。主役はあくまで秋刀魚です。
麺はこの日の為だけの特製、平打ち手揉み縮れ麺。塩らーめんと平打ち麺て相性どうかなぁと思ってましたが、これが実に合ってます。
ワンタンは肉タップリなアン。ワンタンそのものもこの日のために作った自家製。
アクセントは、大根おろしだと塩の味わいが崩れてしまうという考慮なのか、玉ねぎのみじん切り。
あっさりな一杯でした。
(2015/8/22)

秋刀魚涼麺 (850円)

秋刀魚の煮干しを大量に使って、醤油と合わせた涼麺。
これまたどんぶり全体から秋刀魚の香ばしい香りが漂います。
甘口醤油もまた秋刀魚と良く合います。今日は大根おろし。
麺は平打ちストレート麺。昨日の手揉み縮れ麺とは異なり、ツルっと食べられます。
豚しゃぶ肉とオクラ、ミョウガ。
(2015/8/23)

| 更新履歴 | ぶらりラーメンレポ | ギャラリー | いろいろ | ブログ | リンク | サイトご利用にあたって | お問い合わせ |